桐生織名古屋帯【Lao】を明日から発売開始します。

桐生の機屋さんに織って頂いた、くるりオリジナルデザインの名古屋帯【Lao】が仕立て上がってまいりました。

桐生は奈良時代から日本を代表する絹織物の産地として知られ、製糸、撚糸、染織、縫製など、繊維に関する様々な技術が集積していることから「織都(しょくと)」という雅称さえあります。

織都・桐生の伝統技法で、ラオスの伝統織物のような優しくモダンな文様を織っていただきました。

ご注目頂きたいのが、地風の美しさです。

程よい透け感のある麻地は、太さにムラのある糸を使って織られているため、自然な陰影があり、その上にふっくらとした絹糸で柄を織り出しています。

マットな麻糸と、ほのかな艶のある絹糸。2種類の糸の素材感の違いがお互いを引き立て合い、この美しさを生み出しています。

ラオスの伝統的な織り模様から着想を得て、オリジナルのデザインを起こしました。

プリミティブな愛らしさと、幾何学の構図のモダンさが融合した、独特のスタイリッシュな雰囲気が魅力の9寸名古屋帯です。

無地のお着物だけでなく柄物にも合わせやすいよう、無地場と織柄のバランスを考えてデザインしました。

織物としての美しさだけでなく、使いやすさも兼ね備えた帯です。

桐生織名古屋帯【Lao】はサンドベージュと、アッシュグレーの2色をご用意いたしました。

こちらが桐生織名古屋帯【Lao】アッシュグレーです。

地風にしゃり味があり、コシのある素材なので、たいへん締めやすいです。

帯の形がつくりやすく、しかもフォルムの美しさをロングキープしてくれます。

これからの季節はもちろん、一年を通して締めて頂くことのできる帯です。

桐生の伝統技法に裏付けられた、品質の高い一本。是非締め心地をご堪能ください。

明日正午からオンラインショップにて発売を開始いたします。

店舗では土曜日から発売いたします。

お楽しみに!