くるりの浴衣【石蕗】は、縦の縞がすらりと、粋で優美に印象づけてくれます。

石蕗(つわぶき)は、艶やかな濃い緑の葉を茂らせる常緑多年草で、庭の彩りの寂しい初冬に、すっと花茎を伸ばし美しい黄金色の花を咲かせます。花言葉には「困難に負けない」「先見の明」という2つの意味を持っています。

くるりの浴衣【石蕗】は2013年に発表されると、大好評を博し瞬く間に品切れとなりました。

お客様よりたくさんの再販リクエストが寄せられていたため、この度2013年バージョンの柄をベースに、図案に少々手を加え、さらに先染めで織り上げた生地に柄を染めたニューバージョンで復刻させました。

0050111380002-a-01

くるりの浴衣【石蕗】は、クラシックな雰囲気の大胆な滝縞の上に、伸びやかな石蕗の蔓が這う、粋で優美な柄ゆきが特徴です。

縞柄にバランス良く配置した石蕗の葉のデザインは、モダンであり上品な優美さも感じられる、通好みのする大人っぽい雰囲気に仕上がりました。

縦の縞柄は着姿をすらりと印象づける効果もあります。

生地に採用した「刷毛目綿紬」は、糸を先に染めてから織り上げた、浴衣地としては最上級の「先染め」素材です。


その名の通り、まるで刷毛で描いたような、たて糸の変化で表した縞目が入っており、よこ糸に節のある糸を織り込んでいるため、ところどころに糸の節や玉が見られ、紬のような風合いがあります。

くるりの浴衣は、浴衣としてだけでなく、大人の女性に夏の着物としてもお召し頂けるように、色・柄を吟味し、デザインして染めています。


洒落味がきいた一枚ですので、衿を入れて白足袋を履いて、木綿着物としてもお楽しみいただけます。

くるりの浴衣【石蕗】は瑠璃紺(上)と青磁鼠(下)の2色をご用意しております。

0050111380002-b-01

0050111380002-b-04

年代を問わず長くお楽しみ頂ける、本格志向の大人の浴衣です。



上質な素材の贅沢な手捺染、そして趣味の良さとこだわりが凝縮された、この夏、くるりイチ押しの一枚です。

今週末、発売開始です。

お楽しみに。