主役級の2つの柄を染め昼夜仕立てにした贅沢な麻半幅帯【江戸紅型 廿日草】近日登場!

江戸紅型 花鳥風月


主役級の2つの柄を染め昼夜仕立てにした贅沢な半幅帯。
くるりが自信を持ってお薦めする永くお使い頂ける一本。

 

麻半幅帯【江戸紅型 廿日草】は、東京・下町にある江戸紅型工房の職人さんに、一本一本を手作業で型染していただいた、とても贅沢な半幅帯です。

半幅帯というと浴衣に締める帯というイメージを持つ方が多いですが、麻半幅帯【江戸紅型 廿日草】は、夏着物への合わせやすさを追求して制作しました。

江戸紅型 廿日草

江戸紅型の型紙帳の沢山の柄の中から、上品で大人っぽい雰囲気をもった柄を二つセレクトし、江戸紅型染めの伝統技法で麻生地を染めてていただきました。

ざっくりとした、風合いの良い麻生地を、両おもてで使えるように、どちらの柄も主役級と言える二つの柄で染めて、昼夜仕立てにしました。

江戸紅型 廿日草

廿日草とは牡丹の別名です。古くから「花の王様」と呼ばれて親しまれてきた牡丹のあでやかな花姿は、気品と風格を漂わせています。

表面には、そんな牡丹唐草の柄を、綺麗な薄浅葱色で染めました。

江戸紅型 廿日草

裏面はススキや柳のような柄を、猫柳色で染めました。

表面は品よく華やかに、裏面はは落ち着いた印象で締められる柄と色をセレクトしています。

江戸紅型 廿日草

どちらの柄を表にしても、そのまま締めるだけで堂々とした存在感が感じられます。

帯締めや帯揚げ、帯留などを合わせて、帯周りをグレードアップすると、さらにお洒落な着こなしが楽しめます。

背中の帯結びが動きにつれ、たおやかに揺れて、2つの柄が絶妙なバランスで重なり、美しい表情をのぞかせます。

江戸紅型 花鳥風月

素材には未晒しの麻糸を織り上げた生地を使用していますので、ところどころに茶色い節が見られ、野趣味に富んでいます。

しっかりとしたコシのある風合いで、帯の形がとっても作りやすいのも嬉しいポイントです。

使っていくうちに徐々に柔らかく馴染んで、さらに締めやすくなります。

江戸紅型 花鳥風月

雰囲気の異なる2つの柄ゆきを、その日の気分や着物に合わせて、リバーシブルでお使い頂けますので、帯を2本持っているようなお値打ち感のある商品です。

また、浴衣にも合わせることも出来ますので、盛夏から残暑厳しい時期まで、これからの季節に着用の頻度が高まる、くるりが自信を持ってお薦めする、永くお使いいただきたい半幅帯です。

廿日草


日差しに映える、爽やかな印象の半幅帯で夏のお出かけを思う存分お楽しみください。