北欧の織物のようなモダンな市松文様の名古屋帯【Suolo】が登場します!

桐生の機屋さんに織って頂いた、くるりオリジナルデザインの名古屋帯【Suolo(スオーロ)】が仕立て上がってまいりました。

桐生は奈良時代から日本を代表する絹織物の産地として知られ、製糸、撚糸、染織、縫製など、繊維に関する様々な技術が集積していることから「織都(しょくと)」という雅称さえあります。

その織都・桐生の伝統技法で、北欧の織物のような、表情のあるモダンな市松文様を織っていただきました。

幅の異なる2種類のアーガイル模様のような斜めの格子を交互に並べた地模様に、重ね合わせるように大胆な市松格子を表した、たいへん凝った織柄が魅力です。

お太鼓の部分の柄には、この市松格子の柄が綺麗に出るように、マスのサイズを指定して織って頂きました。

さらに注目すべきは地の美しさです。

緯糸(よこいと)に、絹と和紙を撚った糸を使用してボリュームを出し、存在感のある仕上りにしました。

また、緯糸には異なる2色の色が交互に使われており、2色の違いがお互いを引き立て合い、この地の繊細な表情を生み出しています。

プリミティブな地風の愛らしさと、幾何学の構図のモダンさが融合した、独特のスタイリッシュな雰囲気が魅力の帯です。

織物としての美しさだけでなく、使いやすさも兼ね備えた帯です。

地風にしゃり味があり、コシのある素材になので、とても軽くて締めやすいです。

帯の形がつくりやすく、しかもフォルムの美しさをロングキープしてくれます。

これからの季節のカジュアルシーンで大活躍すること間違いなしです。

桐生の伝統技法に裏付けられた、品質の高い一本。是非締め心地をご堪能ください。