くるり

時々、着物な和の暮らし

メニュー

2015/09/01
料理家・中村美穂さんの「ときどき、和のある暮らしの料理」

夏の終わりの、香味野菜尽くし





はじめまして。
今月から“ときどき、和のある暮らし”をテーマに、和を感じられるような季節の食材や器をつかって、おいしくて簡単、そして、ちょっぴりお洒落なお料理やスイーツをご紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

お盆も過ぎて、空が高く、吹く風もだいぶ秋めいてきましたね。
夏の疲れも出はじめる頃かもしれません。
そんな、行く夏を惜しみつつ、夏バテも撃退できるようなこの時期らしい香味野菜をたっぷりとつかった“夏の香味野菜とツナのパスタ”をご紹介します。





【材料】2人分

・パスタ(フェデリーニ) ・・・・・180g
・塩・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
・オリーブオイル・・・・・・・・大さじ1
・ゴーヤ・・・・・・・・・・・・小さめのものを 1/2本
・ミョウガ・・・・・・・・・・・2本
・オクラ・・・・・・・・・・・・3本
・紫玉ねぎ・・・・・・・・・・・1/4個
・大葉・・・・・・・・・・・・・5枚
・青柚子(あれば)・・・・・・・・1個

〈たれ〉
・柚子胡椒・・・・・・・・・・・小さじ1
・めんつゆ・・・・・・・・・・・小さじ2
・オリーブオイル・・・・・・・・大さじ4
・塩・こしょう・・・・・・・・・各少々






【作り方】

  • ゴーヤは半分に切り、スプーンでワタを丁寧に取りのぞき、薄切りにする。軽く塩をふって、2~3分おく。
  • ミョウガは繊維にそって薄切り、紫玉ねぎは繊維に直角に薄切り、大葉は細千切りにする。オクラは1分程度塩茹でしてから冷水にとり、水気をとって小口切りにする。
  • たっぷりの熱湯に、塩とオリーブオイルを各大さじ1ずつ入れ、パスタを表示時間のとおりに茹でる。
  • たれの材料をあわせる。
  • ボウルに、水気をきった1のゴーヤと、2の材料とツナ を入れて、かるくあえる。
  • 茹で上がったパスタに、4のたれを少量からめて、器に山高に盛る。パスタのうえに5をのせて、残りのたれをかけ、青柚子の薄切りを添える。






ツナとゴーヤの組み合わせ...、意外にもあうのです。
香味野菜とツナをあわせただけでも、清涼感のある小さなひと皿として、和のアミューズや、お酒のおともにもよさそうです。
...ここに、大根おろしをあわせてもいいですね。





和風味のパスタらしく、ざらりとした感触が味わい深い、焼締の器に盛りつけてみました。
柚子胡椒をきかせた、ぴりりと辛味のあるたれでいただくパスタは、もぎたての青柚子の香りと相まって、オトナ味に仕上がりました。
ほろ苦な夏の記憶と、秋の予感に思いを馳せつつ...、
今宵のテーブルにぜひどうぞ。



--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------



中村美穂
イラストレーター / 料理家

広告や雑誌を中心にイラストレーターとして、また、自宅で料理教室を開催し料理家としても活躍。
著書に『誰か来る日のための素敵な盛りつけはセンスよりコツ』 (講談社)。
趣味はカメラ。愛犬と一緒に、季節を感じる散歩をするのが好き。
『週末、ことこと。』
http://mihodays.exblog.jp/