くるり

時々、着物な和の暮らし

メニュー

2016/12/1
料理家・中村美穂さんの「ときどき、和のある暮らしの料理」

あたたかな年越しを



釜揚げ桜えびと、根菜のかき揚げ


いよいよ年末。
ことしは、関東の初雪もあまりにも早く訪れ、冬の到来はもとより、年末のせわしなさをひときわ強く感じています。

誰にとっても、目がまわるほど忙しい師走ではありますが、今年のしめくくりを、おいしいものとともに、充実した日々にしたいものです。

...というわけで今月は、年越し蕎麦と一緒に食べたい、かりっとした食感が香ばしく、おいしいかき揚げをご紹介します。
市販の天ぷら粉を使って、手軽で、かつおいしさにこだわったレシピです。

根菜のかき揚げ

釜揚げ桜えびと、根菜のかき揚げ


【材料】

・釜揚げ桜えび・・・・・・・・・・・・・50g
・玉ねぎ ・・・・・・・・・・・・・・・1/2個
・かぼちゃ ・・・・・・・・・・・・・・1/8個
・ごぼう ・・・・・・・・・・・・・・・1/2本
・さつまいも ・・・・・・・・・・・・・小1本
・三つ葉、クレソン、人参の葉など・・・・適宜

・小麦粉・・・・・・・・・・・・・大さじ1~
・天ぷら粉(市販)・・・・・・・・1/2カップ~
・冷水・・・・・・・・・・・・・1/2カップ~
・揚げ油・・・・・・・・・・・・・・・・適量
・塩・・・・・・・・・・・・・・お好みで適宜

※小麦粉、天ぷら粉、冷水は、材料の量に応じて増やしてください。


かき揚げを作る

【作り方】

  • 玉ねぎは薄切り、かぼちゃ、ごぼうさつまいもは細切りにする。
    クレソンや三つ葉、あれば人参の葉などは2~3cmに切る。
    ここでは人参の葉とクレソンの二種類を混ぜて作りました。   
  • 天ぷら粉と同量の冷水を加えて、かるく混ぜて衣を作る。
  • ひとつは釜揚げ桜えび、玉ねぎ、クレソン(人参の葉や三つ葉でもよい)の組み合わせ、そしてもう1種類は、かぼちゃ、ごぼう、さつまいもなどの細切り根菜の組み合わせを用意し、かき揚げひとつ分ずつの材料を小さなボウルに入れる。   
  • 3のかき揚げひとつ分ずつに小麦粉大さじ1/2くらいをまんべんなくまぶす。(上の写真左を参照)
  • 4の材料に、2の衣を大さじ1くらい加え、材料どうしがほどよくまとまる程度に調節する。
    このとき、衣をつけすぎないように気をつける。(上の写真右を参照)

  • かき揚げを揚げる

  • 揚げ油を中温(170℃)に熱し、5を静かに入れ、しばらくさわらずそのまま揚げる。
    カリッとしてきたら、ひっくり返して水分を蒸発させながらきつね色に揚げる。

  • 根菜のかき揚げ

からりと揚がりました。
お好みで、岩塩などをぱらぱらとふりかけてできあがりです。

根菜などの材料は、できるだけ丁寧に細切りにすることで、揚げあがりの香ばしい食感が際立ち、おいしく、そして、見た目にも上品な仕上がりになります。

このまま、普段のお惣菜やお酒のおつまみとしてももちろんよいですし、年末なら、年越し蕎麦のうえにのせてもおいしくいただけます。

七味や柚子の細千切りなどを添えると、ふんわりと冬の香りが漂い、よりいっそう、贅沢な味わいになります。


かき揚げ蕎麦

時間におわれがちな師走ですが、大晦日は、手作りのかき揚げをお蕎麦にのせて、あたたかな年越しというのも素敵です。ぜひ作ってみてくださいね。

...さて、こちらの連載も、今月をもちまして最終回を迎えることとなりました。

季節をぐるりとひとまわり、と少し。
和の要素をほんのわずかに加えながら、いまの暮らしに寄り添ったレシピを毎月考えるひとときは、本当に愉しい時間でした。

愉しみにご愛読くださった皆さま、どうもありがとうございました。
そして、新しい年が誰にとっても素晴らしいものとなりますよう、心よりお祈りしています。
よいお年をお迎えくださいね。



--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

料理家中村美穂さん

中村美穂
イラストレーター / 料理家

広告や雑誌を中心にイラストレーターとして、また、自宅で料理教室を開催し料理家としても活躍。
著書に『誰か来る日のための素敵な盛りつけはセンスよりコツ』 (講談社)。
趣味はカメラ。愛犬と一緒に、季節を感じる散歩をするのが好き。
『週末、ことこと。』
http://mihodays.exblog.jp/