月ごとにテーマを変えて、水引でアクセサリーをつくるレッスンが、今人気を集めています。

冠婚葬祭の様々な場面で目にする祝儀袋や贈り物の包み紙などにかける飾り紐「水引」は、人と人を、心と心を結ぶ、という深い意味合いをもつと言われる、世界に誇れる日本の伝統文化の一つです。

一本の細紐を数本束ねて結び、形が完成していく水引には、私たちをひきつける不思議な魅力があります。

WAnocotoでは、水引の伝統技術でスタイリッシュなアクセサリーをつくる『水引アクセサリーレッスン』を開催しています。

レッスンでは、色とりどりの紐の中から好みの色を選んで、自分だけのオリジナル・アクセサリーを作ります。クラシカルモダンなデザインの水引アクセサリーは、着物姿はもちろんのこと、洋服にもよく似合います。

9月の『水引アクセサリーレッスン』基礎編では「かんざし」を作ります。飾りとなるタッセルも、水引で手作りします。大ぶりの水引と、揺れるタッセルが、スタイリッシュな雰囲気をもり立てます。

9月の『水引アクセサリーレッスン』応用編では「袈裟結びで作るピアスorイヤリング」を作ります。「袈裟結び」とは、僧侶が身につける袈裟の装飾の結び方からきており、尊い経文が遠くに散らないよう結び留めておくという意味があるそうです。この結びを使って作るのは、中央に揺れるビーズをあしらった大振りなデザインのピアスorイヤリングです。

心を込めて結ぶ、日本の大切な伝統文化「水引」を、現代のスタイルにあったファッションアイテムとして楽しむ『水引アクセサリーレッスン』。

WAnocotoで今、若い世代を女性を中心に人気を集めるレッスンのひとつです。