優美で格調の高い袋帯がもうすぐ入荷して参ります。

京都・西陣の【丸勇】さんに、古典的で格調の高い柄の袋帯を、くるりの特注で織って頂きました。

1

くるりの正絹袋帯「鳥襷七宝紋(とりだすきしっぽうもん)」は、繁栄や円満をあらわす「七宝紋」の輪違い部分に、二羽の尾長鳥を斜めに配した有職紋様で織られています。

2

七宝の中央に、変形の花菱や華紋、撫子などが唐織で表されています。

3

軽くさらりとした錦地に、青藤色や青磁色、紫鼠色などのやや灰みで淡い色目を載せ、柔らかな色の金糸を用いて上品にまとめて頂きました。

4

くるりの正絹袋帯「鳥襷七宝紋」は、礼装の着姿をより一層上品に、美しく引き立てるようデザインしています。

色無地から、江戸小紋、付下げ、訪問着、留袖と、礼装着物を幅広くカバーしますので、生涯にわたって色々な場面で重宝します。

それではモデルさんの着姿で、晴れやかな「鳥襷七宝紋」をご覧ください。

こちらです。

005 6

 

上品な輝きと、しとやかな美しさを持った、まさに「優美」という言葉意以外に形容しようのないほど格調高い礼装帯です。

ぜひとも、ワードローブに加えていただきたい一本です。

今週末に入荷して参ります。

お楽しみに。