ラグジュアリーな雰囲気を持った博多織名古屋帯【mudan – ムーダン -】が年始初売りから発売開始!

1

絶大な人気を誇るくるりの博多帯に、待望の新作が登場です。

博多織名古屋帯【mudan  – ムーダン -】は、帯地いっぱいに線描きの牡丹が敷き詰められ、その上に大輪の牡丹が咲き誇ります。

2
大輪の牡丹は、色の濃淡と絵緯博多の技法を駆使した織り組織によって、花が立体的に表現されています。

3
牡丹の花弁と芯にはシャンパンゴールドの金糸が織り込まれています。金糸の光り具合も厳密に計算し、控えめな煌めきを添えました。
気軽さが魅力の八寸名古屋帯ですが、博多織名古屋帯【mudan  – ムーダン -】は品良く華やかに装って頂けます。

5
配色により雰囲気が全く変わるのも魅力の一つです。

白とベージュがベースのスタイリッシュな「白練(しろねり)」<上>と、

黒とブラウンがベースの渋くて粋な「黒鳶(くろとび)」<下>の2色をご用意しました。

6

くるりが作成した図案を元に、専門工場で特別に織って頂いたくるりのオリジナル商品です。

織り組織と糸の色を吟味し、博多織の職人さんご協力の元に何度も試作を重ね、自信をもって送り出せる帯が完成しました。

7
織機で織るときは、下の画像のように裏面が上になって織り上がっていきます。

織機に鏡が付いていて、職人さんが確認しながら織り進めていきます。

11
博多織には、有名な献上を含む「博多織七品目」と呼ばれる7つの技法があります。

この博多織名古屋帯【mudan  – ムーダン -】は絵緯博多(えぬきはかた)と呼ばれる技法で、ジャカード織機を使って織っていきます。

単純な経緯(たてよこ)組織の織りではなく、複雑な織組織を構成して柄を表現していくのが絵緯博多の特徴です。

8
牡丹の花弁や葉が、線や点など様々な織り方で表現されているので、柄に奥行きが感じられ、どこを見ても飽きない美しい織りに仕上がっているのが魅力です。

博多織の帯は、生地に厚みや張りがあり、締め心地が良いと定評があります。締める際には「キュッキュッ」と小気味良い絹鳴りの音がします。

10
また博多帯の嬉しい特徴は、経糸の密度が高いことです。そのおかげで一度締めたらまず緩むことはありません。初心者の方でもたいへん扱いやすい帯です。
八寸の博多帯は、締めやすさもさることながら、軽やかで動きやすく、長時間締めていても疲れる事が少ないのが嬉しいところ。きもので歩き回ることの多い旅行の時などに、とくにオススメです。

10b
博多織名古屋帯【mudan  – ムーダン -】は、きものを引き立てて、洗練された雰囲気を醸し出してくれます。
博多織の760年の伝統と技法を活かして、くるりならではのモダンでスタイリッシュな帯に仕上げました。
デザイン性だけではなく品質にもこだわりぬいた珠玉の一本です。一本あれば様々なシーンで大活躍する、くるりの自信作です。

新年の初売りから店舗にて先行発売します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-17-58-24

オンラインショップでは6日からの発売開始となります。

人気が集中するアイテムと予想されます。

お早めのご注文をお薦め致します。