ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】蘇芳、近日発売開始します。

着姿をグレードアップさせる
洗練された江戸紅型の半幅帯


小紋や紬、デニムなどのカジュアル着物のコーディネートをグレードアップさせる、ドレッシーで洗練された雰囲気を持った江戸紅型染めの半幅帯が完成しました。風合いの良い正絹「ぜんまい紬」の生地に、くるりが厳選した美しい伝統柄を、江戸紅型の職人さんにスタイリッシュな配色で染めて頂きました。



ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】蘇芳

美しさへのひと手間にこだわる
職人技術がそそがれた作品です。


江戸紅型は、生地に型紙を使って防染糊を置き、その上から1色ずつ丹念に小さな刷毛を使って直接色を挿して染める、昔ながらの染色技法を今なお守り続けています。完成する染め物には、美しさへのひと手間にこだわる職人技術がそそがれています。



ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】蘇芳

江戸紅型の歴史の深い伝統文様を
エレガントな色あいで染めました。


工房に保存されている型紙はどれも歴史が深く、ずっと見ていたくなるような魅力があります。今回くるりがが選んだのは、割付模様と花唐草の繊細な重なりが美しい柄。上品な蘇芳(すおう)色を基調としたエレガントな雰囲気の色あいで染めて頂きました。



ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】蘇芳

帯のどの部分を中心に締めて頂いても
絵になるこだわりの色使いが魅力です。


鮮やかさの中にも、ふんわりとした優しい色味が江戸紅型の魅力です。色数が多ければ多いほど、職人さんの作業は困難になるといわれますが、この帯のどの部分を中心に締めても美しい絵になるようにと、敢えてたくさんの色使いで柄を表しました。



ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】蘇芳

風合いの良い上質なぜんまい紬を使用。
独特の地風が意匠美を引き立てます。


生地は風合いの良い上質な「ぜんまい紬」を使用しております。ぜんまいの新芽の綿毛を真綿に混ぜ込んで紡いだ糸を、経糸(たていと)に織り込んだ独特の地風が、江戸紅型の意匠と相まって、通好みのする雰囲気を漂わせます。



ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】瑠璃

一本で二つの異なる江戸紅型の世界観を
堪能できるとっても贅沢な半幅帯です。


また、裏面にも別の型紙を使用して、モダンな印象を醸す深緑色のリーフ柄を染めました。どちらも主役級と言える2つの柄を、表裏で合わせ昼夜仕立てにしました。 一本で二つの異なる江戸紅型の柄を堪能できる、とっても贅沢な半幅帯です。帯締めや帯揚げ、帯留などを合わせて、帯周りをブラッシュアップすると、さらにお洒落な着こなしが楽しめます。



ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】蘇芳

帯を二本持っているようなお値打ち感。
二つの柄が重なることで美しい表情に。


あえて、両面に全く印象の異なる柄と色を合わせたことで、帯を二本持っているようなお値打ち感のある半幅帯です。 二つの柄が絶妙なバランスで重なることで、背中の帯結びが動きにつれ、嫋やかに揺れて、美しい表情をのぞかせます。



ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】蘇芳

華やぎとスタイリシュな存在感が
カジュアルでもラグジュアリーに。


これまで、半幅帯には「カジュアルダウン」してしまうイメージがあり、着物に締めることに抵抗があったのではないでしょうか。 ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】には名古屋帯にも見劣りしない華やかさと存在感があり、カジュアルでもラグジュアリーさが高まります。



ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】蘇芳

ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】を締めて
深まりゆく秋の街へと出かけましょう。


半幅帯の魅力は、とにかく軽やかなこと。名古屋帯では感じることが難しい、半幅帯ならではの開放感は、一度知ってしまうと魅了されてしまいます。ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】を締めて、深まりゆく秋の街へと軽やかに出かけましょう。



ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】カラーバリエーション

蘇芳

瑠璃


ぜんまい紬の半幅帯【江戸紅型】は9月5日(木)19時よりオンラインショップにて発売開始します。

価格は45,000円(消費税込¥48,600)

2019年10月1日以降は消費税率が変わってしまいます。ぜひお早めのご購入をお願いいたします。

着物屋くるり 公式通販サイト - スタイリッシュな着物と帯のセレクトショップ