読み物

帯入荷!織り帯編

こんにちは!くるり大阪店です。
先日よりご紹介しておりますセレクト帯の入荷、
今回は織りの帯が登場です。
(先日は染めシリーズをご紹介しました/ https://kururi.net/osaka/archives/317 )

九寸のキレイ目からさっくり八寸のカジュアル帯まで、
種類いろいろで届きました☆

まずはナチュラルカラーの九寸帯。
「名物裂」としてお茶の席で有名な<笹蔓文様>です。
300年に一度だけ実ると言われる松の実と花を表した、おめでたい柄行。

笹蔓文様はもう1枚!
こちらは花びらが6枚で、古代から伝わる柄を更に厳密に再現しています。
光沢感もあるので、軽めのお茶席にもオススメです。
(お茶席への名古屋帯でのご参加は先生の御意向をご確認ください^^)

今回は「名物裂」シリーズ多く、
こちらもお茶席で人気の<有栖川文様>。

ずらりと並んだ鹿さん。カワイイだけでなく、
延命長寿の象徴として古代から愛されています。
ちらりと覗く帯裏の唐草も美しい。

牡丹唐草も「名物裂」としても登場します。
唐草・唐花は古くは古墳or飛鳥時代に 大陸から伝来したとか。
1500年以上の時を経て、今でも多くの人に愛されています。

少しカーキ色がかった地色なのですが、この色がまた合わせやすい!
明るい色にも渋い色にも、どちらに合わせても引き締まります。

同じく唐草柄、大輪の花開く姿には躍動感があります。

地銀通しの帯地がキラリ。
青のワントーンに銀が上品に映え、落ち着いた華やかさです。

立涌文様も古くから親しまれてきました。
華やかな柄行ですが、金銀糸は使われておらず、
普段使い~少しおめかししたお出かけまで、幅広く活躍してくれそうです。

そしてここからは、追加のご紹介!
昨日も入荷があったので、入りたてほやほやの子たちも載せちゃいます。

大胆な構図がカッコイイ!洒落袋帯ですので、二重太鼓でどっしりと。
雪輪青海波に鹿の子柄。
表しているのは静かな深雪でしょうか、激しい高波でしょうか。

こんな構図を見ていると、その昔にジャポニズムが流行したのが頷けます。
抽象的なのに、具体的。
きものや帯の柄行にはいつでも新鮮な驚きがあります。

一転、こんなモダンな柄も♡
異国の壁画にありそうな…白鳥?アヒル?
絶妙にナゾめいた鳥さんがずらり。

こちらは軽やか八寸帯なので、デニムや紬に合わせてカジュアルにお楽しみください☆

最後の1本、由緒正しき正倉院文様…と思いきや

うさぎさんに鳥、鹿(?)と隠れ動物がたくさん!
一見すると重厚感のある柄行ですが、遊びもたっぷり、
仕立ても八寸ですので普段にもお使い頂けます◎

細かい文様がまた、レトロな雰囲気でキュートです。

*****************************

セレクト品はどの帯も1本ずつ。
気になった、見てみたい方はぜひお気軽にお声がけください♪

またコーディネートでもご紹介していきます、お楽しみに!

*****************************

くるり大阪店

〒530-8202
大阪府大阪市北区梅田3-1-1 大丸梅田店11階
10:00-20:00 年中無休(年末年始は除く)
06-6341-6280
osaka@kururi.net

アクセス
・JR「大阪」駅直結
・阪急「梅田」駅より徒歩4分
・地下鉄御堂筋線「梅田」駅より徒歩1分