読み物

染め大島で2コーデ

こんにちは、着物屋くるり大阪店です。
今日は同じ着物で2つのコーデをご紹介。
「いつ着れば?!」と思われがちな<カジュアル付下げ>をコーディネート。
実は普段~おめかしまで、帯次第で幅広く活躍してくれる可能性大!なのです。

主役になってくれるのは<染めの大島紬の付下げ>。
つるりと光沢のある生地感。
「紬の後染め」は珍しいですが、
生糸系紬の軽い生地は染めがよく映えます。

まずは 織りの帯を合わせてキレイ目に。
観劇やちょっとおめかししたいお食事に素敵です。

帯はよく見ると、白地にも柄が織り出され、
光が当たるとより立体的に。

帯締めでぐっと締めて粋な組み合わせ。

帯の大きな柄がよく映えます!
蒸気が立ち上る姿を描いた立涌文様は、大昔から使われた柄ですが、今でもモダンな印象に。
特に色味を抑えたこの帯は、
クラシカルでありながら現代のオシャレさがあります。

さて、お次は打って変わってカジュアルな装い。

帯はぜんまいの綿を織り込んだ<ぜんまい紬>。
着物としても帯としても、温かみと適度なハリ感があり人気です。
帯揚げや帯締めにも色を加えて、配色の妙を楽しみます。

「付下げ」とは言っても紬地やカジュアル柄のものは、
基本的には普段のお出かけで着られるもの。

それでも柄が繋がると上品な装いになるため、
1コーデ目のように少し気張ったオシャレもできます。
難しいようで、実は自由に楽しめるカテゴリーなのです(^^)

のしに結び文、破魔矢等々…
おめでたい柄が丸みのある型で染められています。
少しグレー味のかかった色がまた合わせやすい。
濃い色にも薄色にも、どちらの着物にも合わせたい帯です。

***************************

正絹付下 袷 染大島/グレー 35,000円
身丈:153cm 裄丈:65cm 袖丈:49cm

正絹九寸名古屋帯/新 立涌  36,000円
帯揚げ 墨流し/香色  11,000円
帯揚げ よろけ銀線  10,500円

正絹開き名古屋帯 ぜんまい紬  24,000円
ちりめん帯揚げ/芥子色  4,500円
長尺三分紐 角朝昼夜/深緑  7,200円
kimito帯留 ヒトツマミ  7,500円

※表記はすべて税別価格です。

***************************

くるり大阪店

〒530-8202
大阪府大阪市北区梅田3-1-1 大丸梅田店11階
06-6341-6280
10:00-20:00 年中無休(年末年始は除く)
osaka@kururi.net

アクセス
・JR「大阪」駅直結
・阪急「梅田」駅より徒歩4分
・地下鉄御堂筋線「梅田」駅より徒歩1分